ページの先頭です

こんな講座ありました(プチ田舎暮らし・都祁-かきもち-)

[2013年3月17日]

ID:3827

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

プチ田舎暮らし・都祁-かきもち- <都祁公民館:2012年2月24日(日)>

「プチ田舎暮らし」は、自然に恵まれた東部地区の環境のなかで、風土と歴史に根ざした食・農・技を体験する講座です。

安全な食品の大切さ、環境や自然の大切さを感じ、自然や文化・人との交流を目的に、東部地区の興東・田原・柳生・月ヶ瀬・都祁公民館が連携して講座を開催しています。 

都祁公民館では、昔からの保存食である「かきもち」の作り方を学習しました。

講師に、都祁生活改善グループの方々を招き、つきあげたお餅を切り、自然乾燥保存の仕方を学びました。

都祁産のもち米にエビやゴマを入れた餅を薄くスライスし、わらで編み込む作業に挑戦しました。

講座の様子

かきもちのスライス

餅つき後、餅箱に流し入れた餅を、ひと晩放置します。
その後、上下をひっくリ返し、あと半日ほど置いてから、餅を薄く削ぎ切りします。
この作業は簡単そうに見えるのですが、すごく力が要ります。
特に左右の力加減がむずかしいです。
講師の方にアドバイスしてもらいながら、餅の削ぎ切りにも挑戦してみました。

わらで編みこむ

薄く削ぎ切った餅を、稲わらで形よく編み込みます。
4本のわらを2本ずつ交互にひねって間に餅を挟んで編んでいきます。
餅が落ちないように、しっかり締めていきます。

出来上がったかきもち

完成でーす。こんなのできました。
直接風に当てるとヒビ割れるので室内に1か月間程つるして干すのがきれいに仕上げるコツとのことです。

参加者の声

  • 郷土の食品にふれることができ、うれしく思いました。
  • 縄をなう体験もできて、うれしかったです。
  • かき餅は、購入していましたが、このような手間がかかっていることを、初めて知る事ができました。
  • 時間的な問題があり難しいですが、餅の搗き方を目で見られたら嬉しかったです。