ページの先頭です

幻のロープウェイの軌跡を追って

[2018年5月12日]

ID:8529

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講座名

幻のロープウェイの軌跡を追って

講座名(ふりがな)

まぼろしのろーぷうぇいのきせきをおって

内容

今から約100年前。

大正から昭和にかけて奈良市街地と都祁地域を結んでいたロープウェイがありました。

その名は「奈良安全索道」。

索道と呼ばれるそれは、現在のJR京終駅から田原地区を経由して名阪国道の小倉インター近くを結んでいたといいます。


田原地区に唯一残る遺構「天満駅」跡。

駅長をされていた方の子孫にあたる方が田原にご健在です。

天満駅はいわば中継地となっており、京終駅~天満駅が1本のロープでつながり、天満駅~小倉駅が別の1本のロープでつながっていたとのこと。


この索道。

一体どんなものを運んでいたのか、その動力とは何だったのか。

県内に現存する索道と比べ、その詳細を探ります。

同じく幻とされる大仏鉄道や五新鉄道と並ぶ観光資源と期待される奈良安全索道。

田原の近代史の1ページを開いてみませんか。

日程

2018年5月30日(水)

時間

10時~14時

講師

大仏鉄道研究会 高橋正男さん

奈良県文化財保護指導委員 浦川温亮さん

主催

(公財)奈良市生涯学習財団

会場

会場名

2階 集会室

田原地区内

対象

奈良市在住・在勤・在学の成人

募集人数

20人

料金等

無料

申込方法

「参加申込」フォームまたは往復はがき(講座名、〒住所、名前・ふりがな、電話番号、年齢をご記入)で締切日までにお申し込みください。

申込多数の場合は、抽選となります。

※2017年6月1日(木)から往復はがきの料金が改定されました。
 往復はがきの「往信用・返信用」を、必ず62円にしてください。

※「参加申込」フォームでお申込みの方は、締切日の翌日以降に案内メールを送付します。
 ご確認をお願いします。
 届かない場合は、田原公民館にお問合せください。

申込締切日

2018年5月22日

交通案内

近鉄奈良駅から車で約20分 県道奈良名張線(80号)

駐車場有無

あり

写真

索道イメージ写真

索道の想像模型より

地図


参加申込