ページの先頭です

こんな講座ありました(プチ田舎暮らし・月ヶ瀬―梅のお世話と煎茶道―)

[2015年2月25日]

ID:5652

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

プチ田舎暮らし・月ヶ瀬―梅のお世話と煎茶道―<月ヶ瀬公民館2014年12月2日(火)>

奈良市東部地区において地域の自然・歴史・風習・食・技などに触れて田舎の暮らしを知り、農作業などの体験をする事により、生きがいを感じ、就農へのきっかけづくりとなることを目的として、アクティブシニア農業体験事業「プチ田舎暮らし」を開催しました。

月ヶ瀬の地で長年梅の剪定をされている名人に、剪定の仕方、また、月ヶ瀬名産の煎茶道(大和茶の飲み方)を学びました。

講座の様子

梅の剪定

地元の剪定名人に、実のなる梅の剪定方法を教わっています。
この日は、風の強いとっても寒い日でした。

剪定

枝がいっぱいの場合、なかなか上手にできません。
その時でも上手くできるような方法を、丁寧に教えてもらいながらの実習です。

剪定

参加者の方から、
「ここを切ればいいのかな?」
「はい、どうぞ。」
切り方について確認をしながら剪定します。
ただ枝をバツバツ切っていくだけではいけません。

煎茶道

剪定の後は、地元のお茶農家(茶ムリエ)さんから、お茶についての説明です。

煎茶道

おいしいお茶の入れ方を教わり、2人1組で入れました。
1揃目と2揃目、味が違うんですね。

闘茶会

次は闘茶会です。
煎茶・かりがね・番茶と、これはどの種類を当てるかの会です。
何回もお茶を飲んでいると口が苦くなり、なかなか当てるのが難しくなってきます。
煎茶とかりがねの区別が難しかったようですよ。


優勝は2人でした。
皆、記念品をいただき、楽しい1日でした。

参加者の声

  • 大変有意義だった。
  • 知っているようでも分からない事も多くあるので、さまざまな体験ができるプログラムをこれからも続けてください。
  • いつも楽しい講座を考えてくださりありがとうございます。今後も楽しみにしております。
  • 実家に梅の木があり、全然剪定をしていないため梅のなりが少ないので早速ためします。
  • お昼の豚汁は職員さんで作られたそうで、具だくさんでとっても美味でした。
  • 闘茶会また行きたいです。

こんな講座ありました(プチ田舎暮らし・月ヶ瀬―梅のお世話と煎茶道―)への別ルート