ページの先頭です

奈良周辺の活断層から見た地震災害

[2018年1月12日]

ID:8129

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講座名

奈良周辺の活断層から見た地震災害

講座名(ふりがな)

ならしゅうへんのかつだんそうからみたじしんさいがい

内容

日本は地震が多い国です。

奈良周辺にも活断層があり、その種類や特徴はさまざまです。

今年の若草公民館の「防災講座」は、奈良周辺の活断層から見た地震災害について学びます。

「自分だけは大丈夫!」「奈良は大丈夫だから」なんてことは絶対ありません。

地震のメカニズムを正しく知り、活断層に起因する地震災害について学び、地震に備えましょう。

日程

2018年2月24日(土)

時間

14時~15時30分

講師

奈良女子大学・人文学科系

教授  高田 将志さん

(奈良女子大学大学院人間文化研究科長)

主催

(公財)奈良市生涯学習財団

若草公民館自主グループ連絡協議会

会場

会場名

1階 講座室

対象

若草公民館自主グループ会員と奈良市在住・在勤・在学の成人

募集人数

50人

料金等

無料

申込方法

「参加申込」フォームまたは往復はがき(講座名、〒住所、名前・ふりがな、電話番号、年齢をご記入)でお申込ください。

申込多数の場合は、抽選となります。

申込締切日

2018年2月17日

交通案内

奈良交通バス近鉄奈良駅2番乗り場から、「青山住宅」行きに乗車、「手貝町」バス停または「今在家」バス停下車、徒歩5分。

写真

昨年度の講座風景

昨年度の講座風景

地図


参加申込