ページの先頭です

写真で見る奈良の近代文学―奈良大学蔵北村コレクションを中心に―

[2018年9月13日]

ID:9042

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講座名

写真で見る奈良の近代文学―奈良大学蔵北村コレクションを中心に―

講座名(ふりがな)

しゃしんでみるならのきんだいぶんがくーならだいがくぞうきたむらこれくしょんをちゅうしんにー

内容

志賀直哉・武者小路実篤・小林秀雄など、多くの文人が奈良を訪れています。

一方、戦前には地元新聞「大和日報」を中心に、地元の文学同人活動も盛んでした。

奈良・猿沢池畔にあった写真館を経営し、奈良の文化人でもあった北村信昭氏の資料を見ながら、奈良における文学者の交流を、古い写真とともに学習しましょう。

日程

2018年11月24日(土)

時間

13時30分~15時

講師

奈良大学 教授 光石 亜由美 さん

主催

(公財)奈良市生涯学習財団

立命館大学奈良県北部校友会「立命文華会」

会場

会場名

4階 講座室

対象

成人

募集人数

定員なし

料金等

500円(受講料)

申込方法

申込不要。

当日、開始時刻までに会場にお越しください。

交通案内

近鉄奈良駅から徒歩5分、JR奈良駅から徒歩10分、三条通りとやすらぎの道の交わった角。

写真

2017年度に開催した立命文華会共催講座の会場の様子

2017年度に開催した立命文華会共催講座の会場の様子です。

地図

備考

・開催当日11時の時点で奈良市に気象に関する警報が発令された場合は、中止します。

・12時45分開場予定です。

・参加者多数の場合は、資料の配付および座席への案内に時間を要する場合があります。
 また、参加人数によって、入場を制限する可能性がありますのでご了承ください。