ページの先頭です

春日信仰のかたち ~刀剣と「よろい」にこめられた祈り~

[2019年7月14日]

ID:9774

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

講座名

春日信仰のかたち ~刀剣と「よろい」にこめられた祈り~

講座名(ふりがな)

かすがしんこうのかたち ~とうけんと「よろい」にこめられたいのり~

内容

春日大社には古来、刀剣や「よろい(甲冑)」などの武具といわれる品々が奉納され、現在その多くが国宝や重要文化財に指定されています。

『古事記』や『日本書紀』などの神話には、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した際に、オロチの尾から三種の神器のひとつである草薙の剣が現れたことが書かれています。

また、伊勢神宮の式年遷宮には多くの刀剣が御神宝として神殿深くに納められるなど、神道の神々と刀剣・甲冑は深いつながりがあります。

今回は「大刀」と「太刀」の違いなど武具としての側面から、神道信仰における刀剣・甲冑の位置づけを探りたいと思います。

みなさま、どうぞふるってお申込ください。

日程

2019年9月8日(日)

時間

13時30分~15時

講師

春日大社 権禰宜 荒井 清志 さん

主催

(公財)奈良市生涯学習財団

春日大社

会場

会場名

5階  ホール

対象

12歳以上

募集人数

300人

料金等

無料

申込方法

「参加申込」フォームまたは往復はがき・FAX(講座名、〒住所、名前・ふりがな、電話番号、年齢をご記入)でお申込ください。

※2017年6月1日(木)から往復はがきの料金が改定されました。
 往復はがきの「返信用」を、必ず62円にしてください。

申込締切日

2019年8月28日

交通案内

近鉄奈良駅から徒歩約5分、JR奈良駅から徒歩約10分。

三条通りとやすらぎの道の交わった角。

2階から上が公民館となります。

写真

荒井清志さん

講師の荒井清志さんです。

地図

備考

※メールでの申込は受付できません。
 必ず「参加申込」フォームか往復はがき・FAXでお申込ください。


※おひとりに付き1回(往復はがきの場合は1通)お申込ください。
 連名での申込や重複申込はご遠慮ください。
 また、申込の受付はおひとり様1回とします。
 複数回お申込みいただいても1回として処理いたします。


※「参加申込」フォームでお申込される場合、申込完了時に受付完了メールと、締切日後に通知メールをお送りします。

 お使いのメールソフトによって(特にGmail)は、迷惑メールに振り分けられたり、迷惑メールフィルター機能でブロックされて届かない場合がありますので、chubu@manabunara.jp からのメールを受信できるようあらかじめ設定していただくか、迷惑メールフォルダをご確認ください。


※受付完了メールや通知メールが届かない場合は、中部公民館(電話:0742-26-6506)にご連絡ください。



参加申込