ページの先頭です

平城東の風2018・・・おひなさま

[2018年4月11日]

ID:8667

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

談話コーナーを彩る雛人形「七段飾り」

毎年、二十四節気のひとつである雨水の頃から談話コーナーを彩るおひなさま。

平城東公民館の早春の風物詩のひとつです。

堂々とした七段飾り。

何と言っても主役は、親王(男雛・女雛)。


三人官女。
手に持つ銚子は今でも結婚式の三三九度で使われるもの。

五人囃子の1人、鼓(つづみ)。

随臣(ずいじん)の1人、右大臣。
若者です。
ちなみに左大臣は、老人。

仕丁(じちょう)は、従者のこと。
3人の内、真ん中の者は沓台(くつだい)を持っています。

色鮮やかな菱餅。

御所車(ごしょぐるま)。
ちなみに、このような牛が引く乗り物を「牛車」と書き表します。
読みは、「ぎっしゃ」です。

お駕籠(おかご)。

お茶道具。

お重など。
お花見や紅葉狩りにも活躍するのでしょうか。

地域の方から寄贈していただいた豪華な七段飾りは、来館者の目を楽しませ、春の話題にいざなってくれています。


平城東の風2018・・・おひなさまへの別ルート