ページの先頭です

こんな講座ありました(こわ~いおはなし会IN南部)

[2018年1月13日]

ID:8163

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

こわ~いおはなし会IN南部<南部公民館:2017年8月25日(金)>

南部公民館では、登録図書ボランティア「みなくる」の皆さんが、図書室の本の整理や修理、読み聞かせなどの活動をしてくださっています。

本講座は、図書ボラ「みなくる」の皆さんと職員が共に企画する講座として、夏の夜に怖い話をメインにしたおはなし会を開催し、子どもたちと本を結び付け、読書への興味・関心を高めることを目的として開催しました。

プログラム

<第1部>

  • もういいかい(学校の怪談9)(朗読)/常光徹 著、樽喜八 絵/講談社
  • くずかごおばけ(絵本)/せなけいこ 作・絵/童心社
  • 夜泣きのあかり(朗読)/日本のおばけ話より(川崎大治民話選)/童心社
  • いちにちおばけ(絵本)/ふくべあきひろ 作、かわしまななえ 絵/PHP研究所
  • じごくのそうべい(スクリーン紙芝居)/田島征彦作 絵/童心社

<第2部>

  • 番町皿屋敷(語り)/日本のおばけ話より(川崎大治民話選)/童心社
  • 学校ななふしぎ(絵本)/斎藤 洋 文、山本孝 絵/偕成社
  • ちょうつがいきいきい(絵本)/加門七海 作、軽部武宏 絵、東 雅夫 編/岩崎書店
  • たちきれぬ母の執念(朗読)/本当にあったおばけの話より/偕成社
  • おばけのきもだめし(ペープサート)/内田麟太郎 文、山本孝 絵/岩崎書店

講座の様子

長野県に伝わる民話「夜泣きのあかり」の朗読。
火の玉が出てくる、ちょっぴりこわ~いお話です。


こわ~いお話の後は、少し部屋を明るくして「いちにちゆきおんな」「いちにちのっぺらぼう」など楽しいおばけがいっぱい出てくる絵本『いちにちおばけ』を読んでいただきました。


続いて、子どもたちに大人気の「じごくのそうべえ」。
お話だけでなく絵も楽しんでもらえるよう、スクリーンに映して、紙芝居風に演じていただきました。


少し休憩をはさんで第2部がスタート!
怖いお話が続きましたが、子どもたちは真剣な表情で聞き入っていました。


いよいよ最後のおはなし「おばけのきもだめし」です。
図書ボラ「みなくる」のメンバー全員で、ペープサートを用いて演じていただきました。

おはなし会終了後、図書ボラ「みなくる」のみなさんから手作りのびっくり箱やおばけのプレゼントがあり、参加した子どもたちは大喜びでした。

参加者の声

(大人)

  • 子どもと一緒に参加できてよかったです。
  • 子ども向けでほどよく怖くて良かったです。
  • 小さい子どもでも楽しめて良かったです。

(子ども)

  • すごくこわくて楽しかったです。
  • 楽しかったです。また来たいです。

こんな講座ありました(こわ~いおはなし会IN南部)への別ルート