ページの先頭です

施設長が語る(中部公民館)

[2012年4月1日]

ID:3151

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中部公民館施設長 大門 昌昭 (おおかど まさあき)

皆様、こんにちは。中部公民館施設長の大門(おおかど)と申します。この4月で2年目を迎え、やっと館内外の状況が少しずつ見えるようになってきました。今年もよろしくお願いします。

司馬遷の史記の一節に「桃李もの言わざれども、したおのづからこみちをなす(蹊成)」というのがあるそうです。その意味は「桃や李(スモモ)は、口に出してものを言わないが、美しい花やおいしい実がなるので自然と人々がやって来て、そこに小道ができる。魅力あるところ、有徳人のいるところには人々が自然に集まってくる。」ということだそうです。

なるほどね~。

当館も「集い・学び・結ぶ」空間として、市民の皆さんが集まりたくなる魅力的なところになりたいと願っています。

・・・・しかし、現実はそう甘くない・・・ので、PRを少々。

今年度も就園前の幼児からご高齢者の方まで幅広い年齢層の方々に来館して頂けるよう、「おやこひろば」・「奈良学セミナー」・「生涯学習セミナー」など主催講座を12本企画しています。『ならしみんだより』、当財団ホームページなどで順次内容を広報致しますので、お気軽にご参加ください。

中部公民館のスタッフ一同は、市民の皆様の学習活動を精一杯支援する所存です。どうぞ、何なりとご相談頂きたいと思います。 

中部公民館 施設長 大門 昌昭

施設長が語る(中部公民館)への別ルート