ページの先頭です

優良公民館表彰

[2018年4月18日]

ID:8606

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生涯学習センターが優良公民館表彰を受賞しました

この度、生涯学習センターが第70回優良公民館表彰を受賞しました。

優良公民館表彰とは、全国の公民館の中で特に事業内容・方法等に工夫を凝らし、地域住民の学習活動に大きく貢献していると認められる公民館を、文部科学省が優良公民館として表彰しているものです。

今回当館は、以下の2つのボランティア養成事業が評価され、受賞にいたりました。

「パソコン学習サポーター養成講座(パソコン学習サポーターのための学習会)」

「登録託児ボランティアスタッフ学習会」

「パソコン学習サポーター養成講座(パソコン学習サポーターのための学習会)」

生涯学習センターには、常設パソコン24台が備え付けられたパソコン学習室があることから、これを活かしたパソコン講座を1998(平成10)年の開館時より行ってきました。

2005(平成17)年度までは外部講師に委託し、パソコン講座を実施していました。

このパソコン講座を市民の方々の力を借りて、協働で運営できないかという視点から、パソコン講座を実施する際のサポーターを養成するため、2005(平成17)年度に新規講座として「パソコンボランティア養成講座」を開催しました。

子どもパソコン講座の講師とサポーター

2005(平成17)年度から2010(平成22)年度まで毎年養成講座を実施し、2012(平成24)年度までは登録サポーターとして講師の補助的な業務を担ってもらう形でしたが、サポーターとして積み上げられた経験をさらにレベルアップしていただくため、2012(平成24)年度には、登録サポーターを対象に「パソコン講座講師養成講座」を実施しました。

これにより、サポーターから講師にステップアップしていただくことができ、サポーターの方々から、「とても大きな励みになった」という声が聞かれました。
サポーター学習会の様子

開館当初より行っているパソコン講座が、長い時間をかけ、市民の方々の力を借りて協働で運営できるようになったことは、公民館の機能・役割からいってとても意義があることと改めて感じます。

サポーターは、毎月行う学習会と、チーム(ワード・エクセル・初心者対象・子ども対象・デジカメ)ごとに行う自主学習会で、更なるスキルアップに努めています。

サポーターのみなさんのおかげで、充実したパソコン講座を実施できています。

「登録託児ボランティアスタッフ学習会」

さまざまな子育て支援施策が各方面から進む中、生涯学習センターでも、乳幼児の子育てをしている保護者を対象にした講座の実施に積極的に取り組んできました。

親子で参加できる講座の実施も重要視しながら、一方で、保護者が子どもと離れて自分自身の時間を持ち、自己啓発に努めることができる託児付き講座も多く実施してきました。

これらは偏りなく全ての世代に学ぶ機会を提供するという意味で、とても大切な子育て支援の一端を担っています。

そこで、子育てを一段落させた人や、退職等で第2の人生を考えている人の社会貢献の機会提供と併せて、世代を超えた市民と市民の助け合い、連携を図ることを目的とし、2008(平成20)年度より「託児ボランティア養成講座」を実施してきました。

託児ボランティアは、講座の際に乳幼児を預かるボランティアとして活動していただいています。

託児付きの講座を実施することにより、子育て中の保護者が安心して講座に参加できるようになり、少しの間子どもと離れて自分自身の時間を持つことができ、心身共にリフレッシュできるという効果を生み出しています。

市内の各公民館に託児ボランティアを派遣しており、市内どこの公民館でも託児付講座を展開できるようになりました。

託児ボランティア学習会の様子
託児中の様子


今回の受賞は、生涯学習センターが受賞したのではなく、両ボランティアのみなさんが受賞されたのだと感じております。

両ボランティアのみなさんの市民の学習活動を支える素晴らしい活動により、多くの市民の学習の機会が広がり充実しています。

表彰でいただいた盾です

この受賞を励みとして、職員一同も、ボランティアのみなさんと市民の学びを繋げていけるよう、今後も一緒に頑張っていきたいと思います。

最後になりましたが、今まで両ボランティア養成に関わってこられた歴代の館長をはじめ職員の尽力にも感謝いたします。

今後とも、生涯学習センターをどうぞよろしくお願いいたします。

どうもありがとうございました。

受賞後の集合写真

生涯学習センター 館長 須藤 彰【2018年3月】


優良公民館表彰への別ルート