ページの先頭です

都祁の里紹介・・・稲田のサギ

[2020年8月18日]

ID:10734

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

稲田のサギ(2020年6月7月(日)撮影)

都祁では最近、水田でたくさんのサギを見かけるようになりました。

ここ数年で多くなったようです。

サギは、ペリカン目サギ科に属する鳥の総称です。

国内には19種類がいるようです。

今回は、6月から7月にかけての都祁の里のサギを紹介します。

都祁で今見られる白いサギは、「ダイサギ」です。

その他にも「アオサギ」をよく見かけます。

サギは、魚やカエル、ザリガニなどを餌にするため水辺をすみかとしますが、なかでもシラサギ類(ダイサギなどの白いサギ)は田んぼや水路、池・沼などを主な生活の場とし、林などで「サギ山」と呼ばれる集団繁殖地(コロニー)を形成します。

また、餌となる魚・カエル・サリガニなどを取るために水田に入るので、若い稲苗を踏み荒らす被害があります。

こんな感じで群れています。

コロニーに戻るのでしょうか。

水田から飛び立ちました。

以前、秋のダイサギを、「都祁の里紹介・・・実りの秋 空へ」で紹介しました。

http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=7063

そのときよりサギの数が増えています。

藺生町だけでなく、都祁地域全体(三陵墓古墳群のある南之庄町、都祁白石町、針町)で数多く見ることができます。

おかげで、珍しいサギの様子を見ることができました。

こちらは、田んぼで舞い踊るようなサギです。

何をしているのでしょう?

判らないですが、見ていると不思議な気持ちになります。

都祁公民館の横の道路に、カエルを捕まえているダイサギがいました。

その後、優雅に民家の前から電柱の間、そして電線を潜り抜けて飛んで行きました。

都祁の里では、サギだけでなくさまざまな生き物と触れ合うことができます。

こんな講座ありました(都祁自然体験)

http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=10706


夏本番に近づきました。

朝晩は涼しい都祁の里です。

昼間の暑さの中でも、田畑を通り抜ける爽やかな風を感じることができます。

是非、自然を体感できる都祁の里に遊びに来てくださいね。


都祁の里紹介・・・稲田のサギへの別ルート