ページの先頭です

こんな講座ありました(すずらん学級)

[2021年9月2日]

ID:11470

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

すずらん学級<都祁公民館:2021年5月13日(木)~2022年3月5日(土)全6回>

この講座は「現役で生き抜くために」をメインテーマに、高齢者の生き甲斐の創造と自己開発、社会参画による地域作りを目的として開催しています。

開催当初は「都祁高齢者学級」という名前だったのですが、数年前に参加者の皆さんと協議して、都祁で有名な「すずらん」の名を冠した「すずらん学級」にしました。

今年のすずらん学級の計画は以下のとおりです。

第1回:5月13日(木)

 開講式・健康教室(チェアーエクササイズ)

第2回:7月7日(水)

 陶芸体験(伊賀焼の体験)

第3回:9月9日(木)

 健康教室(講話「延ばそう!健康寿命」)

第4回:12月8日(木)

 認知症サポーター養成講座(認知症について学ぶ)

第5回:2022年1月予定

 お楽しみ演芸会(お笑い落語会)

第6回:2020年3月5日(土)

 都祁ふれあい交流会・閉講式(自主グループの発表とギター演奏) 


・・・ところが、第1回はコロナウイルスの感染拡大防止のため、8月26日(木)に延期になりました。

というわけで今年のすずらん学級は、第2回の陶芸体験から始まりです。

陶芸体験:2021年7月7日(水)開講式・陶芸体験(伊賀焼の体験)

開講式に続いて、本日の講師「伊賀焼・大内窯」の皆さんの紹介です。

自分好みの焼きもの作りが始まりました。
コツを丁寧に教えてもらっています。
作品のイメージを大きく膨らませて先生に伝えると、的確に手伝ってくださいます。

先生と一緒に轆轤を回して作っていきます。

手とり足とりの陶芸教室でした。

一人ひとりが熱心に取り組んでいます。

素晴らしい作品ができそうです。

作品の原型が完成しました。

この後、大内窯で乾燥させ、参加者それぞれの希望の釉薬をかけて焼き上げます。

でき上がりが楽しみになってきました。

できあがった作品は10月末の「都祁公民館まつり」に展示する予定です。

参加の声

「来年も楽しみにしています。」「陶芸体験の回数を多くしてほしい。」という声がありました。

陶芸体験を終えて

今年は参加人数が少なく残念でしたが、一人ひとりが先生から教えていただく時間は長くなりました。

今回は陶芸のイメージを明確にもって参加されている方が多かったので、教えていただく時間が長いことで満足度が高くなったようです。

来年も楽しみにもしておられますので、陶芸は来年も計画したいと思っています。

次回は、9月9日(木)健康教室です。


こんな講座ありました(すずらん学級)への別ルート