ページの先頭です

こんな講座ありました(親子パン工房)

[2013年4月3日]

ID:3935

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

親子パン工房<柳生公民館:2012年12月1日(土)・2013年2月2日(土)全2回>

ジャパンホームベーキングスクールの鎌田美恵子先生を迎え、親子で一緒にパンづくりやスィーツづくりを行うことにより、楽しみながら親子の絆を深めるとともに、食の大切さを学ぶことを目的に開催しました。

第1回目 12月1日(土) ベーコンロールパンとオートミールクッキー

生地づくり

パンの生地を作ります。
親子で協力しあって、最初はボールの中に材料を入れて、水を少しずつ加えながらよく混ぜ、粉がなくなったらバターを入れて、バターが溶けないように捏ねます。
この時の水の温度は、夏は20℃~25℃、冬は40℃~45℃だそうです。
外気の温度で微妙に違うんですね。

生地づくり

粉っぽさがなくなり、きれいにバターも混ざってボールや手に生地がつかなくなりました。

捏ねています

板の上に生地を取り出して、両手を上下に動かしてしっかり捏ねます。
子どもたちも、とても頑張って捏ねてくれました。
生地が手にくっつかなくなったら捏ねあがりです。

丸めています

今度は、生地をコロコロして丸めます。
大きいのや小さいの・・・いろいろな形の生地がたくさんできました。

仕上げ発酵中

今度は、生地を楕円形に伸ばします。
伸ばした生地に、ベーコンをのせてくるくる巻いていきます。それを3等分にカットし、切り口が見えるようにして3つをくっつけて並べます。
中にはカットの長さが違い、高さがでこぼこなのがあったり、ベーコンが見えたり見えなかったり・・・それも個性かな?
この後、25分~30分休ませてから焼きます!
どんなふうに焼きあがるか、子どもたちみんなドキドキワクワク・・・ちょっぴり不安です!

出来上がり!

みんなの不安は見事に裏切られました!
ベーコンロールパンもオートミールのクッキーもこんなにおいしそうに出来上がりました。
あちらこちらから「おいしいね。柔らかいね。サクサクやね。」って声が聞こえてきました。

第2回目 2月2日(土) メロンパンとしっとり蒸しケーキ

生地づくり

第2回目は、メロンパンとしっとり蒸しケーキを作りました。
最初は、第1回目と同じように生地づくりから始まりました。

スケッパーを使って生地ををカット

スケッパーを使って生地をカットしていきます。
ひとつずつグラム数を量り丸めていきます。
子どもたちはみんな、手を猫の手のようにしてクルクル上手に丸めていました。

上にのせるクッキーづくり

クッキー生地を丸めたパン生地に乗せて包み、上にグラニュー糖をまぶしてスケッパーで筋をつけていきます。
これは、おかあさんとの共同作業です。

しっとり蒸しケーキ

メロンパンが焼きあがるまでの時間、みんなで手分けしてしっとり蒸しケーキも作りました。

出来上がり!

メロンパンも焼き上がり、しっとり蒸しケーキも蒸し上がりました。
おいしそうですね。

いただきまーす!

みんな2回目なので先生のおっしゃることもよく理解し、スムーズにできました。
「みんなすごいね。」って先生に褒めていただきました。

みんなお腹ペコペコ早くたべたいなあ!

参加者の声

※保護者の声

  • おいしいメロンパンがたくさんできて嬉しかったです。蒸しケーキもアツアツでおいしかったです。
  • 楽しく作れておいしかったです。
  • もっとしたいと思いました。
  • 売ってあるパンしか食べたことなったので自分で作ったパンはとてもおいしかった。
  • 先生はテキパキと進めてくださってパンとケーキまで作れてよかった。
  • 楽しかったです。参加してよかったと思います。

 

※子どもたちの声

  • 楽しかった。
  • メロンパンがうまくできてよかった。
  • また、公民館にきたい。
  • メロンパンおいしかった。
  • メロンパン、ムシケーキおいしかった。
  • メロンパンがサクサクしていておいしかった。

講座を終えて

みなさんにとても好評でした。お母さんが一緒に参加できない時には、おばあちゃんが参加してくださり、主催者としてもとてもうれしかったです。