ページの先頭です

都祁の里紹介・・・まだまだあるよ、都祁の桜

[2020年6月29日]

ID:10554

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

都祁の里紹介・・・まだまだあるよ、都祁の桜

今まで、都祁の里紹介では、桜のある風景を紹介してきました。

それ以外にも都祁には、まだまだきれいな桜が咲いている場所があります。

今までの都祁の里の春の光景はこちら↓

都祁の里紹介・・・六郷の春

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=9713

都祁の里紹介・・・春爛漫の桜と昔の都祁の里

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=7628

都祁の里紹介・・・この花はなんでしょう

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=6720

都祁の里紹介・・・4月

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=5886

都祁の里紹介・・・春爛漫サクラのある風景

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=4916

都祁の里紹介・・・早春賦

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=4775


都祁の里は南北に広がり、中央に名阪国道が走っています。

名阪国道の南側の桜から順に北へと紹介します。

旧吐山小学校校区の桜

こちらが都祁を南北に走る名阪国道の南の端。
この先が香酔峠で、ここを超えると宇陀市に入ります。

旧並松小学校校区の桜

旧並松小学校の校舎前の桜と、プール横の桜です。
今年も綺麗に咲きました。

藺生地区の青龍寺と桜です。

旧都祁小学校校区の桜

白石地区の民家の桜と貝那木山(通称:城山)を望む光景です。

城山は四季を通じてさまざまな顔を見せてくれます。

詳しくはこちら↓

都祁の里紹介・・・城山(貝那木山)

 http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=5648

旧六郷小学校校区の桜

この地区はこの時期になると、空には鯉幟、足元には菜の花、そして遠くに桜の花、それらを同時に楽しむことができます。

六郷の名前の由来は、馬場・針ケ別所・小倉・荻・上深川・下深川の6つの郷から成り立っているからです。

上深川の八柱神社前の桜と菜の花です。

荻地区の民家の蔵横の桜です。


都祁の桜を一挙に紹介しました。

いかがでしたか?

今年は、いろいろな事情で桜を見る機会が少なかったのが残念です。

来年は、桜をノンビリと心ゆくまで眺めたいですね。


都祁の里紹介・・・まだまだあるよ、都祁の桜への別ルート