ページの先頭です

こんな講座ありました(おしゃべり会in伏見公民館~公民館は地域の要~)

[2018年7月4日]

ID:8934

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

おしゃべり会 in 伏見公民館 ~公民館は地域の要~<伏見公民館:2018年2月10日(土)>

2017年7月から、奈良市内の24の公民館と生涯学習センターでは、市民と職員が公民館について一緒に語り合える「おしゃべり会」を開催しています。

それぞれ、24とおりの方法で開催するおしゃべり会。

伏見公民館では、伏見中学校区在住の方、伏見公民館で活動している自主グループの方を対象に開催しました。

当日は、21の自主グループから29人と、校区から17人の方がご参加くださいました。

前半は、落語家の露の新幸さんによる落語会。

後半は、自己紹介の後、「どんな公民館になっていってほしいか」をテーマに気軽なおしゃべり会をしました。

前半:落語家の露の新幸さんによる落語会

おしゃべり会in伏見公民館

まずは、露の新幸さんのたのしい落語会。

後半:おしゃべり会「どんな公民館になっていってほしいか」

おしゃべり会in伏見公民館

前半の落語会で雰囲気が和んだ中で、おしゃべり会が始まりました。

皆さんからの意見

  • 身近な場所で、いろいろな体験ができる場所であってほしい。
  • 公民館を利用することで、自分のことだけでなく、周りの人のことも考えるような場所であってほしい。
  • 公民館としてのアピールをもっと強くして、ここに来れば何かを吸収できるような場所にしてほしい。

などなど、たくさんの意見が出ました。

施設の設備面や申請関係についてのご意見は、当館だけで解決することが難しいものもありますので、少しずつ解決の糸口を探っていきたいと思います。

おしゃべり会を終えて・・・

  • 自主グループ同士がお互いのグループ活動の内容を知り、交流を深めてくださっていたことがとても印象的でした。
  • 落語と公民館のつながりが少し希薄な部分もありましたが、「公民館って、いろいろな楽しい活動をしている場所なんだな」ということをわかっていただけたようでよかったです。

ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

貴重な時間をいただいてのおしゃべり会でしたので、皆さんの思いを無駄にしないようにしたいと思います。


こんな講座ありました(おしゃべり会in伏見公民館~公民館は地域の要~)への別ルート