ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    こんな講座ありました(回想法「想い出語りサロン」(春))

    • 更新日:2020年5月19日
    • ID:10565

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    回想法「想い出語りサロン」(春)<都跡公民館:2019年5月31日(金)~7月26日(金)全5回>

    高齢者のみなさんにとって、健康で生き生きと生活していくことは、誰もがもつ願いですね。

    そのためには、人との関わり合いが大切であると言われています。

    そこで近年、高齢者の認知症予防・介護予防等に効果があると注目されている「回想法」を行いました。

    今回、参加者したみなさんは、7人ずつの3つのグループに分かれて、都跡公民館回想法ボランティアのみなさんの進行で、グループ回想法を体験していただきました。

    懐かしい昔の思い出を語り合うことで、前向きな人生を送ることを考える機会や参加者同士の交流の機会となりました。

    講座の様子

    毎回、テーマに沿って懐かしい思い出を語り合いました。

    1回目(5月31日) 自己紹介と「小学校の思い出」

    2回目(6月14日) 「子どもの頃の遊び」

    3回目(6月28日) 「雨の思い出」

    4回目(7月12日) 「子どもの頃のお手伝い」

    5回目(7月26日) 「夏の思い出」

    写真

    初めに、「回想法」についてのお話を聞きました。

    写真

    誰かの思い出話に共感したり、忘れていたことを思い出したりします。

    写真

    世代が違うと知らないことも多く、回想法ボランティアのみなさんも、参加者のお話を聞かせていただくことがとても楽しみです。

    写真

    子どものころ良く使っていた道具を見ることで、忘れていたことが思い出されたり、懐かしい気持ちになったりします。
    この日のテーマは、「夏の思い出」でした。

    参加者の声

    • 楽しい楽しい時間を過ごさせていただきました。
    • いろいろ楽しい話が聞け、参加して良かった。
    • 厳しい親の教育と思っていましたが、今はプラスになっています。
    • これからも、もっとたくさんの話題を、みなさんと共に聞かせていただきたいです。

    講座を終えて・・・

    初めは緊張した面持ちの参加者のみなさんでしたが、共通の話題に目を輝かせ、表情がどんどん明るく、前向きな発言になっていく姿に、「回想法」の力を感じました。

    これからも、都跡公民館では「回想法」を積極的に行っていきたいと思っています。