ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    こんな講座ありました(回想法「想い出語りサロン」(秋))

    • 更新日:2020年6月9日
    • ID:10571

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    回想法「想い出語りサロン」(秋)<都跡公民館:2019年10月11日(金)~11月22日(金)全4回>

    高齢者のみなさんにとって、健康で生き生きと生活していくことが大きな課題であり、誰もがもつ願いですね。

    そのためには、人との関わり合いが大切であると言われています。

    そこで都跡公民館では、近年高齢者の認知症予防、介護予防等に効果があると注目されている「回想法」を、春に引き続き開催しました。

    今回は、公民館に隣接する古民家(奈良市指定文化財「旧田中家住宅」)を会場に、かまどでお茶を炊き出すなど懐かしい雰囲気の中で行いました。

    テーマ

    毎回、異なるテーマに沿って、懐かしい思い出を語り合いました。

    1回目(10月11日) 自己紹介、「古民家で思い出すこと、感じたこと」

    2回目(10月25日) 「運動会」

    3回目(11月8日) 「収穫」 

    4回目(11月22日) 「家族」

    ※3回目・4回目は、寒くなってきたので、公民館の中で行いました。

    写真

    このかまどを使って、実際にお茶を炊き出しました。
    会場は、薪とお茶のとても良い香りに包まれました。
    ちょっと、煙が目にしみましたけどね・・・。
    それがまた、良い雰囲気を出していました。

    写真

    グループ回想法は、古民家の「土間」と「座敷」の2グループに分かれて行います。
    古民家の入口から入って右には、かつての「牛小屋」があります。
    「土間」のグループは、その前にある土間を使って行いました。

    写真

    煙の匂いや家の匂いなどで五感が刺激され、ますます話が盛り上がります。

    写真

    奥座敷での「座敷」グループの様子です。
    みなさん、牛乳パックで作ったイスに座っています。

    写真

    懐かしい雰囲気のなか、話が弾みます。

    参加者の声

    • 同年齢の方、若い方との話で、いろいろ勉強させていただきました。
    • 昔のことがよみがえり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
    • 昔と今とを比べて、私の心の内で、今は幸せだと感じている。
    • 皆さまの現在は、想い出の上に重なっていることをうれしく思わせていただきました。

    感想

    参加者のみなさんに、参加する前と参加した後の気持ちの変化をお伺いしたところ、みなさん「良くなった」とお答えいただき、とても嬉しかったです。

    具体的な変化については、参加者の声をご覧ください。

    思い出を語ることは、決して後ろ向きなことではなく、これからの人生につながっていく前向きなことであること感じました。

    これからも、都跡公民館では、隣接する古民家や「昔のくらし館」の道具などを活用しながら、「回想法」を展開していきます。

    写真

    【古民家と桜】
    今度は、どんな思い出が語られるでしょうか?
    楽しみですね。