ページの先頭です

こんな講座ありました(おしゃべり会 in 平城東公民館 ~ミッション in 平城東~)

[2020年6月10日]

ID:10481

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

おしゃべり会 in 平城東公民館 ~ミッション in 平城東~<平城東公民館:2020年2月15日(土)>

「平城東公民館は、まちづくりの一角を担いたい。」

「平城東公民館が場を提供して、まちづくりのお役に立ちたい。」

こんな思いをもっている私たち職員は、今回、「私たちのまちづくり」をテーマにして、おしゃべり会を企画しました。


名付けて「おしゃべり会 in 平城東公民館 ~ミッション in 平城東~」。

これは、平城東中学校校区のまちのお宝(もの、人、大切にしてきたこと)、未来(地域の課題、声、未来への希望)を共有してみましょうというものです。

そこで、「地域のお宝を発掘し、課題を共有する」ことをみなさんに意識しておしゃべりしてもらえるようにと、私たちが用意したのが、兵庫県尼崎市がまちづくりを推進するために開発したカードゲーム「AMAGASAKI TO THE FUTURE2」。

尼崎市の許可を得て、職員でカードを作成し、私たちはおしゃべり会の日を迎えたのです。

この写真は、「AMAGASAKI TO THE FUTURE 2」を体験している2班の人たちです。
「ベスト オブ おせっかい(一番良い内容だったと思う人)」を選んでいます。
この班でも平城東中学校生徒会役員の活躍が、際立っていました。

尼崎発のカードゲーム「AMAGASAKI TO THE FUTURE2」を体験

今回のカードゲーム「AMAGASAKI TO THE FUTURE2」は、尼崎市で市民と職員が一緒に企画・運営して、まちの人に聞き取りをして作られたものです。

カードは、尼崎で暮らす人からの「聴いて」という声をカードにした「きいてカード」と、尼崎のまちの「お宝」(特色ある人・もの・ことがら)をカードにした「おたからカード」の2種類。

ゲームは数人で行います。

まず1枚の「きいてカード」が場に出され、それに対してプレイヤーは手持ちの「おたからカード」を何枚か提示します。

その中で「こうしてみたらどうですか?」「これで解決できるのでは?」などと良心的なアドバイス(「おせっかい」と呼ばれている)を発言します。

最後にグループの中で誰のおせっかいが一番良かったか(ベスト オブ おせっかい)を決めるというものです。

詳しくは、こちら↓

「みんなの尼崎大学」

カードゲーム利用のいきさつや、ゲームの進め方は、冒頭に、職員がパワーポイントを使ってプレゼンテーションしました。

これが、カードゲーム「AMAGASAKI TO THE FUTURE2」のオリジナルです。

「さあ!やってみよう!!」
中学生が、進んでカードを配ってくれました。

場に出た「きいてカード」。
「いつもウチの前に自転車を停める人。ジャマなんだけど注意するのは怖いしねえ。60歳女性・主婦(夫64歳、息子は市内で所帯持ち)」
それに対して、手持ちの7枚の「おたからカード」から使えそうなものを選んで、解決のストーリーを作ります。
「私は、この2枚の『おたからカード』を使っておせっかいを考えました。それは・・・。」
やり方に慣れてくると笑い声がはずんできます。

「はい!私は、『尼のおかん』『FMあまがさき』『園田学園女子大学』の3枚の『おたからカード』を使います。困ったコトの解決の仕方はですね、まず・・・。」
解決へストーリーを紡ぐことがおもしろいですね。
みんなが聞き入ります。

カードゲーム「AMAGASAKI TO THE FUTURE2」を体験してみて、気付いた良さは・・・。

  1. ストーリー作りをすることで自分事のように考えること
  2. メンバーのストーリーに共感したり、改善の意見などを出し合えたりすること
  3. なによりも、より良いまちづくりにみんなが向き合えること

・・・ということです。

私たちは、この体験を通して、「地域のお宝を発掘し、課題を共有する」という意識をもち合い、自分事に近づけることができたと考えています。

つまり、「平城東中学校校区を知り、もっと好きになることができた」と言えるのではないでしょうか。


私たち職員は、「まちづくり」に焦点を当てることで、地域に対して2つのメリットを提供できると考えてきました。

  1. さまざまな見方・考え方、アイディアを出し合う、認め合う。また、その良さを再確認できる。
  2. まちづくりに関心をもつ仲間を増やすヒントに成り得る。

みなさんの笑顔、笑い声、発言、アンケートから、公民館として役に立つことができていると実感できました。

平城東中学校校区の「きいてカード」「おたからカード」を作ってみる

尼崎ではなく、地元・平城東中学校校区の「きいてカード」「おたからカード」を作ってみることにしました。

まずは、下書きをしていきます。
それから、カードに清書していきます。
こうすると作りやすいですね。

「おたからカード」をピンクのカードに書いていきました。
私たちの地元には、なんとお宝が多いことか!

あっと言う間に、こんなにたくさんの「きいてカード」と「おたからカード」が!!
素晴らしいことの再認識ができました。

カードできたので、試しにゲームをしてみることに。
自分たちの街のことなので、いっそう現実感がでてきました。
笑みがこぼれます。

グループごとに感想を出し合いました。
「本校の中学生が、頑張っていたのが嬉しかったです。」(中学校教頭談)

参加者の声

  • カードゲームでいろいろ考え、地域の方々のいろいろな話を聞き、そんな意見もあるんだなあと発見できたりしました。ありがとうございました。(女性 20歳未満)
  • 内容はとても充実したもので良かったと思う。やはり楽しんで参加できる講座はいいですね。(男性 70歳代)
  • 中学生の参加がとてもよかった。(女性 70歳代)
  • 楽しく遊べました。参加してくれた中学生が良かった。(男性 70歳代)
  • 各方面の話が聞けて参考になりました。特に中学生の。(女性 60歳代)
  • 生徒にとって、すばらしい体験でありました。(男性 50歳代)
  • 本当にカードを作りたい。(女性 50歳代)
  • 職員さんひとりひとりがグループに入って下さって良かったです。楽しくふれあえました。(女性 70歳代)
  • 開催まではどうなるのか?と思いましたが、参加して非常に楽しく過ごせました。まちづくりのヒントになりました!(男性 50歳代)
  • 地域の人たちと交流するという貴重な体験ができてよかったです。(男性 20歳未満)
  • また、開催してください。(女性 50歳代)
  • めちゃくちゃ楽しかったです。また呼んでください。(女性 20歳未満)

講座を終えて

「おしゃべり会」とは、2016年度に中部公民館で開催した講座、「公民館って、どんなとこ?」が、その原点です。

「もっと市民のみなさんと語り合う機会を作りたい。」

そう考えた私たちは、2017から2018年度の2年間をかけて、奈良市内の全24公民館で、おしゃべり会を開催してきました。

「毎月どこかで公民館を面白がる」をテーマにした自由なおしゃべりや交流の場です。

平城東公民館では、2018年4月、「地域とともに公民館があり続けるために(別ウインドウで開く)」をテーマに開催。

当公民館でおなじみの歴史研究家、中島弘(なかじま ひろし)さんによる基調のお話の後、ワークショップとおしゃべりを展開しました。


あれから2年。

今回も、おしゃべり会は、地域のみなさんや私たち公民館職員の宝物になりました。

みなさんのまちでも、まちづくりにつながる仲間づくりの一環として、カードゲーム「AMAGASAKI TO THE FUTURE2」の地元版を作ってみてはいかがでしょう?

今回の成果は、何と言っても中学生や、地域教育協議会・コミュニティ・スクール・自治連合会に携わる方々の参加が多かったことです。

そして、「笑顔があふれる」「楽しい」時間を一緒に過ごせたことです。


「平城東公民館は、まちづくりの一角を担いたい。」

「平城東公民館が場を提供して、まちづくりのお役に立ちたい。」

これからも、私たちは地域の人の思いを具体化する歩みを進めてまいります。


こんな講座ありました(おしゃべり会 in 平城東公民館 ~ミッション in 平城東~)への別ルート