ページの先頭です

こんな講座ありました(自然観察会)

[2015年9月9日]

ID:6155

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自然観察会<月ヶ瀬公民館:2015年7月5日(日)>

自然とふれあう機会が少なくなりつつある昨今、川辺の生き物の生態とそれを取り巻く環境について学び、自然環境保全の大切さを考えてもらうため、この講座を行いました。

講座の様子

草刈り

講座前日、草がかなり茂っていたので、子どもたちの安全を確保するために草刈りと現地の点検を行いました。
これで準備は万端ですが・・・お天気が心配です。

先生の話

当日は前日からの雨も上がり、とても蒸し暑くなりました。
川は少し増水気味ですが特に問題無いようです。
さて、どんな生き物がいるのかな?
子どもたちは、川に入るのが楽しみで仕方ない様子です。
今回の先生は、一般社団法人淡水生物研究所 理事の谷幸三さんです。
まずは、先生から川へ入る時の注意点を教えてもらっています。

観察

さあ、川に入ります!
網やザルを使って生き物を捕まえます。
どんな生き物がいるのかな?
「ヒャ~冷た~い!」
水量が多かったのか、長靴の中に水が入った子どももいました。
靴下もビチョビチョです。
でも、水の中に入るのはとっても楽しい様子です。

観察

この草の茂みの奥に、どんな生き物が隠れているかな?
何が飛び出してくるのでしょう。
ドキドキのワクワクです。

川の生物

前日の雨のせいでしょうか・・・魚はどこかに隠れて、いませんでした。
でも、カワニナは沢山いました。
カワニナはゲンジ蛍が大好きな食べ物です。
カワニナが多いと言う事は・・・?
この川は、ホタルが多いと言う事ですね。
他にも、サワガニ、ハグロトンボの幼生などを捕まえました。
この生き物がいるってことは水が綺麗な証です。

講座

では公民館に戻って、先生から川の生き物、アメリカザリガニについてのお話です。
残念ながら、この日は取れませんでした。
ここでは、先生お手製のアメリカザリガニのアルコール漬けを見せてもらっています。

ザリガニ

ザリガニのオス、メスの違いに子どもたちも興味津々。

講座の様子

先生のおもしろいお話とクイズに、子どもたちも夢中になりました。

参加者の声

  • 興味をそそられるお話でした。ありがとうございます。
  • 先生のお話がおもしろかったです。
  • いろいろなことがあったので楽しかった。
  • いろいろな虫や生き物がいて楽しかったです。
  • トンボのお話がおもしろかったです。
  • バスに乗れて楽しかったです。

こんな講座ありました(自然観察会)への別ルート