ページの先頭です

館長が語る(興東公民館)

[2020年6月26日]

ID:10594

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

興東公民館館長 野長瀬 茂(のながせ しげる)

私は、興東公民館長として4年目を迎えさせていただきました、野長瀬 茂と申します。

本年度当初より新型コロナウイルス感染拡大防止による臨時休館が続いておりましたが、この6月から、ようやく市民の皆様の命と健康を守ることを考えながら感染拡大防止の対策を行ったうえで事業を進める運びになりました。


気づけば季節はいつの間にか梅雨の候となりましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしのことでしょう。

当館は、奈良市の東部に位置し、田園風景が広がる国道369号線に接した、風光明媚で人情豊かな奈良の奥座敷にあります。


春は「桜」、夏は「蛍」、秋は「紅葉」、冬は「雪景色」と、里山に囲まれた四季折々の風情が楽しめるところです。

また当館には、大柳生・東里・狭川の3つの地区があり、円成寺・東福寺・山口神社・南明寺・長尾神社・光明寺・中墓寺・九頭神社などの名所旧跡が数多くあります。

その中には、国宝や重要文化財もあり、「大柳生太鼓踊り」や「狭川九頭神社」の神事は、重要無形文化財の指定を受けている歴史ある地域です。


本年度の主催事業としては、年間を通して実施する地域の小学生対象の「チャレンジクラブ」の他「興東の自然を撮ろう」「郷土を知る」「ハーバリウムワークショップ」などを開催する予定です。

また、奈良市子育てスポット事業「なかよしクラブ」を月2回開催し、地域の民生委員の方々に支援いただきながら、未就園児と一緒に遊んだり、保護者の相談に乗ったりしております。

さらに、皆様方に少しでも自然豊かな地域の良さを味わっていただくために、奈良市東部に位置する5つの公民館が共通の事業名「プチ田舎暮らし」を付して、さまざまな内容を計画いたしております。

興東公民館では、「みつばちとはちみつ(6月13日実施済み)」「丸ごと!丸なす」などの体験講座を計画しております。


このような地域の特色を生かした各種の講座に、皆様方が1人でも多く参加され、これまで以上に公民館に関心を持っていただければと思っています。

現在も新型コロナウイルス感染拡大防止によりさまざまな社会活動が制限されていますが、こういった時代にこそ、公民館はいろいろな人と心をつなぐこと、共感し合うこと、助け合うことなどを中心に据え、地域の方々のより温かいコミュニティ作りに寄与することが求められていると感じています。

本年度も皆様方のご来館を職員一同心よりお待ちしております。

公民館職員の紹介
 野長瀬 茂
 瀬戸山 景香
 堂前 育子
 清水 清子

[2020年6月]


館長が語る(興東公民館)への別ルート