ページの先頭です

こんな講座ありました(なんなん?おもしろ体験隊)

[2020年11月21日]

ID:10918

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

なんなん?おもしろ体験隊<南部公民館:2020年9月27日(日)~12月20日(日)全4回>

南部公民館の名物講座「なんなん?おもしろ体験隊」が、今年も始まりました。

今年は、新型コロナウイルス感染予防のため、短い期間と少ない回数になりました。

でも、開催できるようになったことはとても嬉しいことです。

公民館職員も大変喜んでいます。

今年は都南中学校区の帯解・明治・辰市・東市小学校の2年生から6年生までの16人が参加してくれました。

2年生が1番多かったです。

昨年から引き続き参加している人もいます。


9月27日(日)開講式 けん玉体験

10月18日(日)仕掛け絵本づくり

11月29日(日)クリスマスツリー飾りとツリーづくり

12月20日(日)しめ縄づくり

第1回:開講式・けん玉体験(2020年9月27日(日))

開講式です。
澁谷館長から「(1)何事にも積極的に頑張りましょう。(2)大いに失敗しましょう。(3)仲良くなりましょう。」との話がありました。

参加者のみんな(隊員)に記念のバッチが手渡されました。

今回は講師として、公益社団法人日本けん玉協会奈良支部部長、いこまけん玉クラブ代表の舘本春美さんとその娘さんに来ていただきました。
舘本さんはけん玉道3段、娘さんは4段だそうです。

けん玉が得意な隊員がいました!
舘本さんと一緒に「もしかめ」(大皿と中皿に球を交互に連続で乗せかえ続ける技)を披露してくれました。

けん玉ゲームです。
中皿に乗せた玉を互いにぶつけ合い、球が落ちた方が負けです。
対戦相手を求めてフロアを歩き回りました。

いよいよけん玉検定に挑戦です。
10級から取り組みました。
10級(大皿)、9級(小皿)、8級(中皿)、7級(ろうそく)、5級(とめけん)まで取り組みました。
なかなか難しく、みんな真剣に球を見つめて頑張りました。

第2回:仕掛け絵本づくり(2020年10月18日(日))

第2回は仕掛け絵本づくりに取り組みました。

講師には奈良市の絵本作家・中谷有香さんに来ていただきました。

中谷さんは妖怪の絵本づくりを進められていて、「帯解の龍」の作者でもあります。
さすがに「帯解の龍」を知っている人は多かったです。
妖怪の絵の説明で、奈良出身の砂かけばばあは、砂まみれになったタヌキが竹の上で身震いをして下を通る人に砂がかかった現象が正体らしいので、可愛く描いたとのことです。

仕掛け絵本は、3枚の絵を折りたたんで開くと現れたり消えたりします。

最後に3枚の絵が揃ってお話が終わります。

ストーリーと絵を考えるのに少し時間がかかりました。

いざ!絵本を書き始めます。

集中して頑張りました。

絵本を参考にした隊員もいました。

最後に、出来上がりをみんなに発表しました。

どれもこれも力作ぞろいでした。

次回は、11月29日(日)クリスマスツリー飾りとクリスマスツリー作りです。

お楽しみに!


こんな講座ありました(なんなん?おもしろ体験隊)への別ルート