ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    こんな講座ありました(新芽展)

    • 更新日:2022年7月9日
    • ID:12098

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    新芽展<登美ヶ丘南公民館:2022年3月10日(火)~3月16日(水)>

    学生たちの文化芸術活動を発信する場として、公民館のロビーを活用して展示を行いました。

    準備

    配置を考えながら作品を掲示する様子

    展示の準備には、生徒自らが「見せる展示」を経験!

    試行錯誤の上、立派な展示スペースとなりました。

    展示期間中

    登美ヶ丘中学校 美術部

    色鮮やかに、また自由に描かれた個性豊かな作品を展示してくれました。

    カラフルな花たちや海の生き物、空、キャラクターなどいろいろなジャンルが描かれていて、とても楽しく作品を観ることができました。

    奈良県立国際高等学校 写真部

    寺社仏閣や動植物、教室の風景や自然など、たくさんの作品を自ら展示してくれました。

    それぞれの作品には、撮影者が難しかったところ、気に入っているところ、力を入れたところなどのコメントも一緒に掲示されていて、作品への想いが伝わってきました。

    作品画像

    このクローバーにはたくさんのメッセージが書かれています!

    「世界がより良く、住みやすくなるような役に立つ仕事をする!」

    「人権差別のない世界へ!」

    「全員が幸せで、持続可能な世界をつくる!」

    「野生動物との共存!」

    「人々だけでなく、動物の気持ちにも耳を傾けられる人になる!」

    など、学生さんたちの力強いメッセージがたくさんありました。

    若者たちの心のメッセージ

    壁一面に貼られた大きな桜のメッセージツリー

    さくらの枝に葉っぱに書いたメッセージを貼っていきました。新芽から日を追うごとに、どんどん花が咲いていきました!

    春を感じられるつくしのオブジェ

    さくらの根本には、ほら!立派なつくしが!

    見学に来られた皆さんからの感想

    • とてもきれいな絵を描かれていますね。
    • いい表情を撮られていますね。
    • 一瞬を逃さずに撮られていますね。

    など、他にもたくさんの感想をいただきました。

    講座を終えて

    とても素晴らしい作品を多く展示できたことは、大変うれしく、次回へもつながる展示会となりました。

    現在のコロナ禍の限られた状況の中であっても、若者たちは負けずに強く生きています。

    それは作品から伝わり、また、心のメッセージを通してからもわかることができました。

    今後も若者たちが活躍できる機会の提供を公民館を通して続けていければと思います。