ページの先頭です

館長が語る(平城西公民館)

[2021年5月27日]

ID:11370

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平城西公民館館長 山口 隆美(やまぐち たかみ) 

こんにちは。

平城西公民館の館長として4年目を迎えました、山口隆美です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


平城西公民館は、昨年度、開館40周年を迎えました。

記念の年でしたが、コロナ禍のため、毎年開催している秋の公民館まつりの規模を縮小して、公民館で活動する自主グループの作品を展示する「秋の作品展示会」を開催しました。

公民館での活動を自粛されているグループもあるため出展グループは少なくなりましたが、皆さんの作品を見ていると公民館活動に制限がある中でも楽しんで活動されていることが伝わってきました。


そして、毎年2月に開催している自主グループ学習発表会は残念なことに2年連続で中止になりましたが、3月に40周年記念講演会を開催しました。

講師に大阪大学大学院文学研究科教授の市大樹さんをお迎えして、「天平のパンデミック」と題し、日本書紀にみる疫病の歴史について学びました。

地域の方を中心とした参加者の皆さんが、とても熱心に聴講されていました。


また、「記念になるものを作ろう!」と自主活動グループ連絡協議会の協力で40周年記念誌を発行しました。

活動するグループの紹介ページには、それぞれのグループの様子がわかる写真などを掲載しています。

ご希望の方は、公民館でご覧になれますので、窓口へお声がけください。(貸出しはできません。ご了承ください。)


平城西公民館では、今年度もさまざまな講座を企画・実施してまいります。

ホームページ等でお知らせしますので、おたのしみに!


マスク着用と手洗い、アルコール消毒の日々にすっかり慣れてしまいましたが、公民館では感染対策をとりつつ、皆様に安心して利用していただけるように心がけております。

制限の中でも仲間と集い、生涯学習活動を楽しみながら一緒に笑顔で進んでいきましょう。

職員一同、来館をお待ちしております。

今年度の職員です。

左から、パート職員の山西、臨時職員の辻本、館長の山口、主任の杉本 です。


どうぞよろしくお願いします。

[2021年5月]


館長が語る(平城西公民館)への別ルート