ページの先頭です

こんな講座ありました(ちょびっとアート)

[2016年1月31日]

ID:6434

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ちょびっとアート<中部公民館:2015年12月12日(土)>

この講座は、みんなで力を合わせて1つのアート作品を完成させ、それを展示することで、ものづくりの楽しさ、協力して作り上げる達成感などを経験することを目的に開催しました。

梱包などで使うダンボールをそのまま生かして、大きな三角・小さな三角を作って組み合わせると、三角怪獣のできあがりです。

小学1~6年生26人が大作に挑みました。

講座の様子

講座風景1

講師は、動くダンボールアート作家の千光士 義和(せんこうじ よしかず)さんです。

講座風景2

まずはダンボール板を折ってボンドで接着し、三角の柱を作ります。

講座風景3
講座風景4

三角の柱を組み合わせて、怪獣の胴・しっぽ・頭のパーツを作ります。

講座風景5
講座風景6

みんなで作る大きなオブジェだけだと物足りないので、怪獣の周りに配置するちびっこロボットを作りました。
ロボットの胸にはテレビ画面があり、思い思いに好きな絵を描きます。
目玉や手足の動きでオリジナリティーを出しますよ。

講座風景7
講座風景8

ちびっこロボット勢揃い。広い舞台に所狭しと並ぶ姿は圧巻です。

講座風景9
講座風景10

怪獣を仕上げていきます。

講座風景11

徐々に怪獣の形になってきました。

講座風景12
講座風景13

ついに完成です!

講座風景14

講座の最後にみんなで記念撮影をしました。

講座風景15

完成した作品は、中部公民館2階ロビーにて12月26日(土)まで展示しました。

実物は画像以上に迫力満点で、見る角度によってさまざまな表情を見せてくれました。

講座風景17
講座風景16

参加者の声

  • こんなにたのしいこうさくは、はじめてです。ありがとう!(小2)
  • 大きいものをつくれて、たのしかった。(小4・男の子)
  • 楽しかった。ダンボールから小さなロボットや大きなかいじゅうができて、びっくりした。(小5・女の子)
  • ダンボールであんな大きなものがつくれるなんてびっくりしました。(小6・男の子)

こんな講座ありました(ちょびっとアート)への別ルート