ページの先頭です

館長が語る(二名公民館)

[2018年7月26日]

ID:6736

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

二名公民館館長 上田 善紀(うえだ よしき)

□二名 ─ 躍動の時代の地域

二名公民館は、1978(昭和53)年5月に、奈良市で12番目の公民館として開館しました。


すでに昭和30年代より学園前駅周辺を中心とした宅地の開発が進んでいました。

その発展として昭和40年代に西登美ヶ丘地区が開発・整備されたことで、駅から少し離れたこの地でも人口が急速に集中し始めます。

日本が高度成長期にあったその潮流のなかで、新しい二名の街が誕生しました。

そうした躍動感ある時代と気運あふれた土地の一角に二名公民館が創設され、今年で40周年を迎えています。

二名公民館外観

□二名 ─ 歴史深き土地

「二名」という地名は、古く室町時代の文献に見えています。

1つの荘園が2つの名田(みょうでん=田地の持ち主が自分の名前を付けた田のこと)になったなどのいわれがあるようです。

代々、この地に住んでいる人の多くは、「みみょう」と発音しています。

□スペイン風の建物

二名公民館に隣接している公園「トレドの森」(奈良市公園緑地課)は、スペイン王国の中央部に位置する古都トレドにちなんだ緑地公園です。

トレドの森の様子

トレドが古くから高い文化水準を誇る美しい町であったことから、奈良市が1972(昭和47)年に姉妹都市提携を結びました。

両市の友好の記念として整備されたのが「トレドの森」であり、その一隅にスペイン様式の趣向を模した外観を呈して建てられたのが当館です。

スペイン風の外灯

□二名公民館 自主グループ〝連帯〟

当館では45団体が活動をされています。

そのうち33グループの皆さんが「利用者連絡協議会」を作って公民館活動を支えてくださっています。

自主グループの一覧はこちら


それぞれの自主グループの紹介は、「公民館だより(裏面)」でも紹介しています。

ぜひご覧になってください。

□二名公民館 公民館だより

2018年度より「公民館だより」を、年数回発行することになりました。

主催事業のお知らせやその報告とともに、公民館に集い活動されている自主グループの様子を可能な限り紹介していきます。

二名公民館だよりのバックナンバーはこちら

□二名公民館 ─ そして、職員は手をたずさえて

向かって左から

職員・河内 有紀…人との出会いを大切にしています。

職員・谷澤 雅美…いろんな声を聞いて新しい講座を考えていきます。

管理人・山川 和人…翌日気持ちよく活動していただけるよう館内を清掃します。

管理人・高木 広居…なつかしい二名公民館で微力ながらがんばります。

館長・上田 善紀…自主グループの皆さんの活性化を応援します。 

[2018年7月]


館長が語る(二名公民館)への別ルート